トップ 水中ロゲイニングって? ルール解説 参加申し込み 過去の大会記録 伊東ジオマリンクラブ紹介

ダイビングエリア内に設置されたチェックポイントを制限時間内に巡ります。
巡った証拠は「デジカメで撮影」。
それだけです。

チェックポイントの記載された公式マップは、当日の受付時にお渡しします。
時間内に帰ってこれるように。エアが50を切らない様に。
それでいて高得点で。

作戦とチームワークが大切です。

 ・・・水中ロゲイニングのルール *ルールは変更になる場合がございますのでご了承ください      2019年1月改正

Cカード取得済みのダイバーで、2名以上のチームでのお申し込みとなります。
チームの人数には上限がありますのでご注意ください。
どうしてもチームを作る事が出来ない方は地元ショップチームをご紹介しますのでご相談下さい。

参加資格 オープンウォーターダイバー、または同等のCカードを取得しているダイバーに限ります。
チーム人数 セルフチーム(ガイドインストラクターなし)/2名以上6名まで
ショップチーム(ガイドインストラクターあり)/2名以上7名まで

エントリー得点の新設
参加者1名につき50点の得点が事前に与えられます。
2名で参加の場合は100点、7名で参加の場合は350点のエントリー得点です。

全チーム一斉スタートではなく、競技時間内で任意にスタートできるスタイルですので集合時間の設定もありません。

水中ロゲイニングの受付をして公式マップを受け取ったらいつでもスタートOK

スタッフにスタートの申告をして競技を開始して下さい。

ロゲイニング終了後の時間は、ランチタイムや2本目のファンダイビングなど自由にして頂けます。

ダイビングの予約 水中ロゲイニングのお申込にはダイビング施設やタンクなどの手配は含まれません。
ダイビングの手配は開催地のダイビングサービスへ各チームで行って下さい。
競技は1本目に 水中ロゲイニングは必ず1本目のダイビングで行って下さい。2本目以降で行った
場合は、下見をしたとして失格になります。
競技時間 水中ロゲイニング受付開始から競技終了時刻は4時間~5時間です
大会によって多少異なりますので、詳しくは各大会の詳細をご覧下さい。
最終エキジット 競技後は通常のダイビングをお楽しみいただけますが、最終エキジット時刻は大会
会場によって異なりますのでご注意ください。


 
当日のスケジュール例(第2回八幡野大会)



当日の受付でチェックポイントの記載された公式マップと写真帳をお渡しします。

マップには、制限時間内には全て回り切れない数のチェックポイントが設定されています。
 
チームのレベルや楽しみ方に合わせてルートを決めたり、水中サインを確認したり

安全第一で楽しく勝てるよう、十分に作戦会議をしてエントリーしてください。

制限時間を超えたり、残圧50以下のメンバーがいた場合等は減点になります。

マップはお一人づつ、写真帳はバディーに1枚お渡しします。

マップはA4サイズで、鉛筆などで書き込みのできるタイプのラミネートです。

チームで行動 必ずチームで行動して下さい。分かれて行動したと認められた場合は失格となります。
競技エリア 競技は通常のダイビングエリア内で設定されています。エリア外でのダイビングはしないでください。
残圧に注意 エア切れのメンバーが発生した場合は失格となります。また残圧50以下のメンバーが発生した場合
も減点の対象となります。(残圧はゴール申告時にスタッフがチェックします)
タンク制限 開催地のダイビングサービスが提供する10ℓタンクをシングルで使用してください。ナイトロックス可
安全潜水 通常のダイビングで推奨される安全なダイビングを心掛けてください。いわゆる「ノコギリ潜水」などの
安全ではない行為が認められた場合は、減点や失格の対象となります。
機械での移動 水中スクーターの使用は禁止です。


    
川奈大会の公式マップ                       川奈大会の写真帳


過去の大会の様子
過去の大会公式マップや写真帳、入賞チームの辿ったルートもあります
是非参考にして下さい
-----競技の流れ-----

時計スタッフにチーム名を申告して公式時計を撮影したら競技スタート!

 チェックポイントの黄色いマーカーの入った集合写真を撮影
*マーカーの番号が得点です*
マーカーの番号が不明な場合は、番号がわかるようにマーカーだけをアップで写してください。

チェックポイントを次々とクリアして行きます。
生物得点もありますので周りの生物にも注意しましょう。

エキジットしたら、最後に公式時計を撮影し時計スタッフ競技終了申告
時計スタッフが残圧のチェックをしたら競技終了です。

スタート申告 時計スタッフにチーム名を申告して公式時計を撮影すると競技開始となります。
制限時間は公式時計の時刻からカウントされます。
終了申告 公式時計を撮影して時計スタッフに終了申告をすると競技終了となります。
制限時間は公式時計の時刻からカウントされます。
制限時間 競技には制限時間が設定されています。制限時間を超えると減点となります。
制限時間は公式時計の時刻からカウントされます。
残圧の確認 終了申告をすると時計スタッフがチーム全員の残圧を確認します。
残圧50気圧以下のメンバーがいた場合は減点となります。
エア切れのメンバーがいた場合は失格となります。
集合写真 チェックポイントでマーカーを含んだ集合写真を撮ることで到達した証拠となります。
マ―カーの番号が確認できない場合はカウントされませんので、番号がよく写らない
場合はマーカーのアップを撮影して下さい。
マーカー番号 マーカーの番号は得点です。1チェックポイントで1回までのカウントになります。
マーカーの移動 マーカーを手に持って撮影して頂いて構いませんが、必ず元の位置に戻して下さい。
マーカーを故意に移動したり隠す事はしないでください。
競技用カメラ 競技用のカメラは、1チームにつき1台とします。1台のカメラで連続撮影されたチェック
ポイントの集合写真が証拠となります。予備のカメラの携行は自由です。
生物得点 指定の生物を撮影したことによる得点もあります。生物得点を撮影するカメラは競技用
カメラではなくても構いませんが、競技用カメラ同様に公式時計を撮影してください。
カメラは複数台可としますが、1種類につき1回の得点カウントになります。




チェックポイントには、こんな感じで黄色のマーカー(石)が置いてあります。マーカーに書いてある番号が得点になります。


チェックポイントに到達した証に、マーカーと集
合写真を撮ってください。


集合写真ではマーカーの番号が見えない場合
は、持ち上げてアップも撮っておいてください。
番号が不明の場合、カウントされません。


マーカーだけのアップの場合、手で番号を隠さない様に注意してください。 マーカーは必ず元の場所に戻してくださいね。


時計スタッフにスタート申告をして、時計を撮影したら競技開始です。どのタイミングで申告するかも重要になります。


集合写真でありマーカーの数字も良くわかる
例です。

競技終了後は得点集計用紙にチェックポイントの番号(得点)を記入します。

集計スタッフにカメラの再生画像を見せながら確認を受けて下さい。

表彰式を待つ間はランチやファンダイブなど自由です。

入賞チームには、世界ランキングの栄誉と、豪華な賞品が送られます。

集計用紙記入 廻った順番にチェックポイントの番号を記入し、合計得点を計算して下さい。
生物得点も忘れずに記入しましょう。
スタッフ確認 確認はカメラの再生画像で確認します。マーカーの数字が読めなかったり、集合写真が
なかったりするとカウントされません。
表彰式 表彰式の時間は各大会の詳細をご覧下さい。
最終エキジット 競技後は通常通りのダイビングが可能です。最終エキジット時刻は大会会場によって異
なりますので、各大会の詳細をご覧ください。



参加資格 オープンウォーターダイバー、または同等のCカードを取得しているダイバーに限ります。                      
チーム人数     セルフチーム(ガイドインストラクターなし)/2名以上6名まで
ショップチーム(ガイドインストラクターあり)/2名以上7名まで
ダイビング予約 水中ロゲイニングのお申込にはダイビング施設やタンクなどの手配は含まれません。                        
ダイビングの手配は開催地のダイビングサービスへ各チームで行って下さい。
エントリー得点 参加者1名につき50点が事前得点となります。2名の場合100点、7名の場合350点がエントリー得点です。
競技は1本目に 競技は必ず1本目のダイビングで行って下さい。2本目以降で行った場合は下見をしたとして失格になります。
競技時間    一斉スタートではありません。各大会の競技時間内で自由にスタートできます。
最終エキジット 競技後は通常のダイビングをお楽しみいただけますが、最終エキジット時刻は大会会場によって異なりますので、詳しくは各大会の詳細をご覧ください。
チームで行動   必ずチームで行動して下さい。分かれて行動したと認められた場合は失格となります。  
また、チームにロストが発生した場合も失格となります。                      
競技エリア 競技は通常のダイビングエリア内で設定されています。エリア外でのダイビングはしないでください。
タンク制限 開催地のダイビングサービスが提供する10ℓタンクをシングルで使用してください。ナイトロックスは可とします。
安全潜水 通常のダイビングで推奨される安全なダイビングを心掛けてください。いわゆる「ノコギリ潜水」や過度の水面移動など、”安全ではない潜水”と判断された場合は、減点や失格の対象となります。
機械での移動 水中スクーターなど、モーターなどを使用した移動は失格対象です。
スタート申告    時計スタッフにチーム名を申告し、競技用カメラで公式時計を撮影すると競技開始となります。   
終了申告 時計スタッフにチーム名を申告し、競技用カメラで公式時計を撮影すると競技終了となります。
制限時間 競技には制限時間が設定されています。制限時間を超えると1分ごとに50点減点となります。
競技時間の確認は開始時と終了時に競技用カメラで撮影した公式時計の時刻で判断されます。
残圧の確認 終了申告をすると時計スタッフがチーム全員の残圧を確認します。
残圧50気圧以下のメンバーがいた場合は、1名につき500点減点となります。
10気圧以下の場合は「エア切れ」とし、チームは失格となります。
集合写真 チェックポイントでマーカーを含んだ集合写真を撮ることで到達した証拠となります。
マ―カーの番号が確認できない場合は得点としてカウントされませんので、番号がよく見えない場合はマーカーのみのアップを撮影しておいてください。
マーカー番号 マーカーの番号は得点です。重複して得点はできません。。
マーカーの移動 マーカーを手に持って撮影して頂いて構いませんが、必ず元の位置に戻して下さい。
マーカーを故意に移動したり隠す事はしないでください。
競技用カメラ チェックポイントを撮影する競技用のカメラは、1チームにつき1台を原則とします。1台のカメラで連続撮影されたチェックポイントの集合写真が証拠となります。予備のカメラの携行は自由ですが、連続撮影となることが条件となります。
生物得点 指定の生物を撮影したことによる得点。カメラは競技用カメラ以外でも可、複数台でも可。ただし競技用カメラ同様に公式時計を撮影してください。
指定生物1種につき1回の得点になります。
健康・安全管理 伊東ジオマリンクラブの主催する水中ロゲイニング大会は、参加メンバーの健康や安全を管理するサービスを提供するものではありません。各チーム責任者、リーダーの方は、通常のダイビングと同様にメンバーがダイビングに適した健康であるかを確認した上で、安全であることを第一にしたダイビングを行って下さい。


第3回赤沢大会より事前予約制とさせて頂きます。

 お申込みフォームページ 

お問い合わせ
izu.geo.marine@gmail.com
水中ロゲイニング担当:大西敏郎 090-3517-7445


参加料金 3500円(1名様) 

ダイビングサービスの施設利用料やタンク代などは含まれておりません
ダイビングに関しましては現地サービスまでチームごとにご予約下さい。

ダイビングショップ様の参加料金は別途お問い合わせください。

水中ロゲイニングって? ルール解説 参加申し込み 過去の大会記録 伊東ジオマリンクラブ紹介